マガジンのカバー画像

フィードフォースな人々

44
フィードフォース社員のインタビュー記事をまとめたマガジンです。
運営しているクリエイター

#dfplusio

心から良いと思えるものを売りたいあなたへ

はじめまして。dfplus.io という企業向けデータフィード管理サービスのマネジャーをしている松下と申します。 今日は、ひとりのビジネスパーソンとして伝えたいことがあり筆をとりました。「心から良いと思えるものを売りたい」という言葉に「オッ」と思った方は、ぜひ最後までお読みいただけるとうれしいです。 当たり前のようで意外と難しい、「心から良いと思える提案」をすること突然ですが、みなさんはセールスとして働くうえで大事にしていることはありますか? わたしは、「自分自身が心から良

スキ
49

見た目を良くするだけでは終わらない。「プロジェクトのハブ」としてのデザイナーの仕事を紹介します

一口に「デザイナー」と言っても、会社によってその仕事範囲はさまざまです。フィードフォースのデザイナーはどんな仕事をしているのか、話を聞いてみました。 【インタビュイー経歴】 Yang さん 2016年にフィードフォースへ中途入社した謎のデザイナー。本名・国籍・経歴・素顔などの一切が謎に包まれているが、仕事ぶりはいたってまじめ。尊敬する人は矢沢永吉。 目指すのは「プロジェクトを推進する”ハブ”」になることーさっそくですが、フィードフォースでのデザイナーの仕事を一言でいうとな

スキ
41

受注率をV字回復させた若手SaaSセールス。ふりかえりとカイゼンで再現性のある成果を目指せ!

フィードフォースnote編集部がいま話を聞きたい人の話を聞くインタビュー企画!今回は、dfplus.io フィールドセールス担当の上岡さんに話を聞きました! (湯島天神の男坂で撮影) dfplus.io 唯一のフィールドセールスとして活躍中の上岡さん。新卒2年目にしてチームの商談すべての責任を背負っている上岡さんがどのように成長してきたのか、その秘密に迫ります! 配属直後、頼りにしていた先輩が異動。不安と喜びが入り混じるー上岡さんは、1人でフィールドセールスを担当してい

スキ
53

SaaSの損益分岐点をこえるまでに取り組んだ、ふつうだけどふつうじゃないこと

フィードフォースnote編集部がいま話を聞きたい人の話を聞くインタビュー企画!今回は、「dfplus.io」売上伸長の立役者である谷垣進也さんと松下大紀さんに話を聞きました。 2016年12月にローンチし、いまではフィードフォースの主力サービスの1つに成長した dfplus.io。しかし、ローンチ後しばらくは思うように売上が伸びなかったそう。dfplus.io が損益分岐点をこえるまでにどんな取り組みをしてきたのか、その秘密に迫ります! サービスローンチ直後から売上大幅未

スキ
71

お客様の成功を通してプロダクトを成長へ導く!dfplus.ioのカスタマーサクセスのこれから

こんにちは!フィードフォースに2020年新卒として入社した加藤 春乃(かとうはるの)です。 今回はdfplus.ioチームで活躍するまえはるさんこと前田遥さんにインタビューをしました! 職種にこだわらずにいろんなことに挑戦していきたいと考えていたまえはるさんですが、入社後は実際にさまざまなことにチャレンジされています。 インサイドセールスからカスタマーサクセスへジョブチェンジされた経緯と、現在行っている業務についてお聞きしました。 dfplus.ioのサービスについて知り

スキ
25

リファラル事例インタビュー#1「また一緒に働ける」リファラルの魅力

自社で働くメンバーからの紹介をきっかけに入社してもらう「リファラル採用」。採用コストの軽減はもちろん、ミスマッチを防ぐことにもつながるとして、フィードフォースでも注力をしていきたい施策の1つです。 「リファラルってどんな人を誘うもの?」「どんな風に声をかけるの?」など疑問に思う方も多いのではないでしょうか? リファラル採用で声をかける友人・知人と一言にいってもその関係性は元同僚・学生時代からの友人・飲み友達などさまざまですが、今回は元同僚にリファラルをした事例をインタビュー

スキ
26

準MVP受賞者インタビュー!「任されている感」が「自由に挑戦すること」につながる

人事インターンの小林です! この半年活躍した社員を表彰する制度、FFアワード(エフエフアワード)で準MVPを獲得した2名が所属するdfplus.ioチームの受賞おめでとう会に潜入し、受賞の喜びから若手でも活躍できる環境である理由まで、たくさん語っていただきました! プシュッ!っと乾杯から始まりました! 同じチームだけでなく会社全体から認めてもらえたことが嬉しかった ー 準MVP受賞、おめでとうございます! 一同 ありがとうございます! ー 早速ですが、喜びのコメントを

スキ
14