マガジンのカバー画像

フィードフォースな日々

93
フィードフォースってどんな会社なの?中の人から見える日々の様子をお伝えするマガジン。組織や評価制度などのまじめは話から、非公式の部活やイベントなどユルいものまで幅広くお届けします。
運営しているクリエイター

2021年7月の記事一覧

「フィードフォースのnote」の歩き方

こんにちは!「フィードフォースのnote」に訪れていただきありがとうございます。この記事では、はじめて「フィードフォースのnote」を訪れた方へ向けて、なぜnoteで情報発信をしているのか?どんな記事が読めるのか?をご紹介しています。楽しんでいってくださいね。 ありのままのフィードフォースらしさを発信するためにnoteを書いていますなぜnoteを書いているのか?と聞かれて思い出すのは、フィードフォースが東証マザーズに上場した日、代表の塚田が全社員向けに発信した下記の言葉です

スキ
50

まずは小さく試してほしい!データフィード管理ツールがShopify向け新料金プランを発表したわけ

「事業内容が分かりづらい」と言われてしまいがちなフィードフォースのプレスリリースをかみくだいて説明するシリーズ。 今回は2021年7月15日にリリースした、『データフィード管理ツール「dfplus.io」、Shopifyストアの集客を支援するため 業界最安値の月額1万円プランを新設』をかみくだいて解説します。 このリリースを出した背景と想い、リリースの先に目指す展望についてまとめました。上記リンク記事を読まなくても理解できるようにしていますので、安心して読み進めてください。

スキ
35

自然体で公式Twitterを運用していたら、多くの人とつながることができました

フィードフォースの公式Twitterアカウントのフォロワーやimp(インプレッション。表示回数のこと)が少しずつ伸びてきました。この記事では、「自然体で運用する」方針と共に、フィードフォース公式Twitterの1年間をふりかえってみようと思います。 記事後半には、この1年で特に伸びたツイートの紹介もありますので、Twitter運用に興味のある方もぜひお読みください。 伸び悩んでいたTwitter。“自然体”で運用すると決めた2019年9月頃から本格始動した公式Twitte

スキ
34

すべてのShopify利用者にLINE活用の選択肢を!Shopify Plus専用だったLINE連携アプリが、全ストアで利用可能になったわけ

「事業内容が分かりづらい」と言われてしまいがちなフィードフォースのプレスリリースをかみくだいて説明するシリーズ。 今回は2021年7月13日にリリースした、『ShopifyとLINEの連携活用アプリ「ソーシャルPLUS」が、Shopifyの全プランで利用可能になりました』をかみくだいて解説します。 このリリースを出した背景と想い、リリースの先に目指す展望についてまとめました。上記リンク記事を読まなくても理解できるようにしてますので、安心して読み進めてください。 Shopi

スキ
33