日本のどこにいてもデジタルマーケティングの仕事を ~日本全国どこでも採用始めました~
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

日本のどこにいてもデジタルマーケティングの仕事を ~日本全国どこでも採用始めました~

フィードフォースグループで「日本全国どこでも採用」を始めました!その背景と取り組みについてお届けします!

広告代理事業でも出社義務のないフルリモートを実現

今回、特に紹介したいのは広告代理事業「Feedmatic」の取り組みです。フィードフォースでは、一般に、広告代理事業はエンジニアやデザイナーに比較するとフルリモートの事例が少ないとされていますが、フィードフォースでは広告代理事業「Feedmatic」でも日本全国どこでも採用を適用させています。

この記事では、なぜ広告代理事業で居住地を限定しないフルリモートに踏み切ったのか?をお伝えします。

コロナ禍を経てフルリモートにシフトすることを決めました

フィードフォースグループではこれまで、『「働く」を豊かにする。』というミッションのもと、テクノロジーを活用して、人にしかできない創造的な仕事にフォーカスできるような制度・環境作りを進めてきました。

コロナ禍以降リモートワーク中心の働き方にシフトし、情報共有ツールやコミュニケーションツールを駆使することで、生産性を落とさずに業務を行える体制を構築しています。緊急事態宣言解除後の現在も多くの社員がリモートワーク中心で働いており、リモートワーク文化が根づいたと言えるでしょう。

この機会はフィードフォースグループがより進化するチャンスであると捉え、「日本全国どこでも採用」を実施することになったのです。

広告代理事業でもフルリモートワークを実現するための取り組み

広告代理事業を行うFeedmaticチームでは多くのメンバーがほぼ毎日リモートワークをしており、売上と生産性を落とさず活動できています。

生産性を落とさずフルリモートワークに移行できたのは、「クライアント対応のスピードアップ」「テクノロジー活用による生産性向上」と「コミュニケーションケアの仕組み」の3つの要因があります。

コミュニケーション方法切り替えによるクライアント対応のスピードアップ

リモートワークへ移行後、クライアントとのコミュニケーションをメールからSlackなどのチャットへ、訪問しての打ち合わせをWeb会議へ切り替えました。
そうすることで、これまで以上にスピーディな対応が実現し、訪問時間が削減した分、成果向上のための活動に時間を使えるようになりました。

「テクノロジー活用」による生産性向上

フィードフォースでは、人がやらなくてもよい仕事はテクノロジーの力に任せ、浮いた時間で人にしかできない仕事に集中することを良しと考えています。

Feedmaticチームでも、BIツール「Looker」を活用してレポートや広告成果分析を効率化するなど、テクノロジーを活用することで効率的に広告運用業務を行っています。

乏しくなりがちなコミュニケーションをケアする仕組み

リモートワークでは自然な対話が生まれづらく、課題の共有や発見が遅れてしまいがちです。
この課題をケアすべく、試行錯誤を行ってきました。

【コミュニケーションをケアする仕組みの例】
・朝会で情報共有を促す
・1on1の機会を増やす
・DiscordやZoomなどを活用した相談しやすい環境の整備
・Slackで個人が学んだことを共有する場を設ける 等

もちろんすべてが解決したわけではなく、他チームとの交流をどう促していくか?など解決すべき課題は多くあります。
しかし、これらの課題は解決可能なものととらえ、今回のフルリモートワーク移行に踏み切りました。これからも試行錯誤して課題解決していきます。

仕事のために住む場所の選択をあきらめない~沖縄で働くセールス北林さんのケースをご紹介~

社内では、すでに地方移住を果たしフルリモートで働いている社員が数名います。
例えばApp Unityチームのセールスを担う北林さんは、2020年より沖縄からフルリモート勤務で活躍中です!そんな北林さんに話を聞いてみました。

App Unityチーム 北林

――フルリモート勤務に移行してどんな変化がありましたか?

北林 わたしは家庭の都合で沖縄に住むことになりました。セールスですので訪問をまったくせずに仕事が成立するのか、やってみるまでは正直なところ不安でした。実際にはコロナ禍でオンラインの商談が当たりまえになり、移動時間が削減された分の生産性が向上しました。
家庭の都合を優先しながらも、心配だった仕事での生産性を落とすことなく働けています。よい変化ばかりだったと思っています。

広告代理事業でフルリモートという新しい働き方のスタイルを実現してみませんか?

以上、「日本全国どこでも採用」についてご紹介しました。

今回紹介したFeedmaticチームは「ダイナミック広告を通じて、最適な情報を最適なタイミングで最適な人に届けることで、クライアントと生活者をハッピーにする」をミッションに掲げています。

ミッション実現のため、より組織を強化していきたく優秀な運用コンサルタントの力を必要としています。
「広告代理事業×フルリモート勤務」という新しい働き方に少しでも共感いただけましたら、ぜひエントリーしてください。お待ちしています!!

Twitterフォローもぜひ!

執筆者が泣いて喜びます!
「働く」を豊かにする会社フィードフォースグループの公式note。 フィードフォースグループの事業・人・社風・制度などをバラエティ豊かに発信します。