_元ファイル__note_サムネイル__5_

フィードフォースの軸がみえるnote4選

フィードフォースのnoteで公開してきた記事も50を超え、中にはそれぞれ公開時期の間隔が開いてしまったけど、改めてまとめて読んでみると「これは深い。」と唸ってしまうものがたくさんあります。
そこで今回は、これを読めば「フィードフォースの軸」がわかる記事をセレクトしてまとめました!
「最初の方の記事を見逃してしまって探し出すのがしんどい」「テーマのまとまった記事を一気に読破したい」という方たちに読んでいただきたいです!

今回の記事を担当するのは、フィードフォースのnote編集長のloveです。
最近BAD BOYS3を映画館でみまして、軽くホームシックになっています。
アメリカの夢をみながら、noteを執筆する毎日です。
今回の記事では「フィードフォースの根っこはここにあるんだ」というのを知ってもらうための記事をセレクトし、まとめ直しています。

ミッションから語られるフィードフォースのすべて

こちらはフィードフォースのnote運用開始直後にアップした記事です!
フィードフォースのミッション「働く」を豊かにするは、サービスやプロダクトを提供する軸でもあり、働く社員にとってもきちんと働き方を見つめるよりどころになっています。

絶対にブレない会社の軸ですので、ここに共感していただけるかはとっても大事です!

創業からの歩みがわかる超大作の前後編

気づけば制作期間4ヶ月を費やして、取締役自ら執筆した超大作です。
入社後のオンボーディングプログラムでは必ず新入社員にお話をしていますが、こうして文字に起こして社外に向けて発信したのは初の試み。
記事中の「思いを持って継続し続けることが1番大事」という言葉を裏付けるように走り続ける弊社の歩みを知っていただけます。

経営というディープな部分でも学びのあるイチオシなnoteです!

ミッションの体現には具体的に何をすればいいのか

FFバリュー」とは、1番最初にご紹介したミッションを体現するために、社員一人ひとりがどうあるべきかを明文化した記事です。
これから入社される方にバリューを知ってもらう記事であることはもちろん、現役社員にとっては日頃から自分がミッションを体現できているかを振り返るために役立っています。

いかがでしたか?
これから組織が大きくなったり新しい事業を立ち上げたりなど、もしかしたら環境の変化やトレンドにも変化があるかもしれません。
それでもフィードフォースの軸は変わりませんし、社員一人ひとりがその軸を意識することで個人でもブレずに成長していける環境があると思います。

「フィードフォースの考え方に共感できる」、「もっと知りたい」と思った方はお気軽にご連絡ください!
まずはカジュアルにお話だけでもOKですので、ぜひお気軽にエントリーもお待ちしてます。

これからもテーマ別のおまとめ記事なども出していくので、よかったらフォローしてください✨

私たちはもっとスキです!
13
「働く」を豊かにする。 を配信するフィードフォースの公式メディア。 B2B領域でイノベーションを起こし続ける企業の今をお届けします。 当社のアレコレがわかる記事を編集部がセレクトしてご紹介します!