広告を通じて未来への希望を見せる。新卒2年目が気づいた、わたしなりの「働く」を豊かにすること
見出し画像

広告を通じて未来への希望を見せる。新卒2年目が気づいた、わたしなりの「働く」を豊かにすること

フィードフォースのnote

フィードフォースグループのミッション“「働く」を豊かにする。”を社員はどうとらえ、実践しているのか。今回は、実際に働くことでミッションのとらえ方がアップデートされたと語る2021年新卒入社の中嶋 果歩さんに話を聞きました。

ミッションの内容よりも「浸透していること」を重視していた

――今日は、中嶋さんのミッションへの思いについてお聞きしたいと思います。まず、フィードフォースに入社を決めた理由を教えてもらえますか?

中嶋 就活をしているとき、いろんな視点で会社をみていました。業界だったり仕事内容だったり、お給料や福利厚生などの条件面だったり。そのなかで特に重要だと考えていたのが、「理念やミッションが浸透しているか」でした。

――ミッションに「共感できるか」ではなく、「浸透しているか」が大事だったんですね。

中嶋 はい。企業が掲げる理念やミッションってどれも良いことを言っているので、「まったく共感できない」ことはほとんどありませんでした。
でも、「ミッションが社員に浸透しているか」とか「社長が本気でそう考えているか」は会社によってさまざまなので、わたしはそこを見ていました。

フィードフォースの説明会では、代表の塚田さん自らがミッションについて説明してくれて、ミッションへの本気度みたいなものを感じ取れました。

それに、「お客さまだけでなく自社の社員も豊かに働いてほしい」と言っていたのが印象に残っています。
確かに、「働く」を豊かにするサービスを提供する会社である以上、「その会社の社員も豊かに働かないと実現できないな」って思ったし、自分自身もそうなりたいと思っていたのですごくいいな、と感じました。

お客さまの工数を削減することが働くを豊かにすることだと思っていた

――そうしてフィードフォースに入社を決めてくれたんですね。入社後、ミッションと仕事はどうつながっていますか?

中嶋 はい。Feedmaticの広告運用コンサルタントとして、お客さまの「働く」を豊かにすることに少しは貢献できているかなと思います。でも、配属直後と1年経ったいまでは、「働く」を豊かにすることの意味が少しアップデートされているように思います。

配属直後は、「広告運用を代理で請け負うことで、お客さまが専門分野に費やすリソースを空ける」ことが「働く」を豊かにすることだと思っていました。簡単に言えば、「お客さまの代わりに専門業務を行うことでお客さまが楽になる」のが「働く」を豊かにすることだと。

この考えは全然間違っていないし、これはこれでとても大事なことだと思います。でも、最近はすこし新しい視点も加わっていて、広告運用コンサルタントという仕事は、お客さまの「マインド」も含めて豊かにできるんじゃないかな、と考えています。

広告を通してお客さまに未来への希望を見せられる

――お客さまの「マインド」も含めて豊かにする……どういうことでしょう?

中嶋 私たち広告運用コンサルタントの仕事は、広告という手段でお客さまに未来とか希望みたいなものを見せられるんじゃないかな、と思ったんです。

そう感じたのは、とあるお客さまと打ち合わせをしているときでした。そのお客さまは中々広告成果が伸びなかったのですが、わたしが提案したこれまでと異なるアプローチを試してみた結果、成果が伸びたんです。
そのとき、お客さまから「広告ってこんなに成果が出るものなんですね。ワクワクしてきますね」というお言葉をいただいたのが強く印象に残っています。

お客さまは自社の商品をもっと世の中に広めたいと考えている。それに対してわたしが考え、提案したアプローチで売上が伸びる。お客さまはそれによってもっともっと商品を広めたいと希望が持てる……広告という手段で、お客さまは未来に希望を持てるんだ、って思えたんです。これは、単に「代わりに業務を行う」だけではない何かだな、って。

そう気づいてからは、今まで以上にお客さまに貢献したい、未来を見せられるようになりたいと思って仕事に向き合うようになりました。

これからも、相手に寄り添い、貢献し続けたい

――お話を聞いていると、お客さまに貢献したいという気持ちがすごく伝わってきます

中嶋 はい。そこは譲れないポイントです。大学時代はどうすれば部活のチームメイトに貢献できるかを考えてきましたし、社会人になってからもその思いは変わりません。お客さまにであれ、チームメンバーであれ、相手に寄り添い、貢献することはこれからも大事にしていきたいです。

まだ働きはじめて1年ほどですが、自分ががんばることでお客さまに貢献、ひいては社会に貢献できることが少し分かってきました。広告成果が思うように出ずにしんどいときもありますが、そんなときでもお客様に寄り添って、一緒にこれからのことを考えられるパートナーのような関係を構築できたらと思います。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
執筆者が泣いて喜びます!
フィードフォースのnote
「働く」を豊かにする会社フィードフォースグループの公式note。 フィードフォースグループの事業・人・社風・制度などをバラエティ豊かに発信します。