フィードフォースのnote
育休中のみんなへ。ここ1年間のフィードフォースの変化をお知らせします
見出し画像

育休中のみんなへ。ここ1年間のフィードフォースの変化をお知らせします

フィードフォースのnote

2022年6月現在、5人の社員が育児休業取得中のフィードフォース。育休中のみなさんが、元気に・健やかに復帰することを楽しみにしています。
ただ、フィードフォースは事業・組織の変化が速く激しい会社なので、育休復帰後についていけるか不安という方もいると思います。

そこでこの記事では、育休中のパパ・ママたちが安心して復帰できるよう、ここ1年間(2021年6月~2022年6月)に起きた変化をまとめました。

ソーシャルPLUSが分社化し、「株式会社ソーシャルPLUS」へ

まず、ひとつめの大きな変化は、2021年9月にソーシャルPLUSが分社化して「株式会社ソーシャルPLUS」になったことです。
社長には岡田 風早さんが就任し、ソーシャルPLUSチームの社員は株式会社ソーシャルPLUSへ転籍しています。

分社化した際のリリースは下記。社長 岡田さんからのコメントもあります。

【岡田さんのコメント抜粋】
今回の分社化は、複数あるプロダクトからのスピンオフ第一号なのでプレッシャーや責任感は今までの100倍くらいありますが、やるべきことは変わらず「ソーシャルPLUSを通じて顧客体験を豊かにする」ことです。

新会社「株式会社ソーシャルPLUS」営業開始のお知らせ

そもそもなんで分社化するんだっけ?という方は、下記の記事でフィードフォース代表 塚田さんが説明しているのでこちらをどうぞ。

フィードフォースグループ株式会社設立。持ち株会社化へ。

ソーシャルPLUSの分社化と同じ2021年9月、フィードフォースグループ株式会社が設立されました。

フィードフォースグループ株式会社自体は特定の事業を持たず、事業会社フィードフォースやソーシャルPLUSの持ち株会社として企業連合体を束ね、運営する役割にあります。

フィードフォースグループ設立にともない、元フィードフォース経営企画チームのメンバーが、フィードフォースグループへ転籍しました。同社の代表には塚田さんが就いています(株式会社フィードフォースの代表と兼任)。

なお、分社化はしましたがそれぞれのオフィスは変わっておらず、ソーシャルPLUSとフィードフォースグループのメンバーはこれまでどおり湯島オフィスで働いています。

フィードフォースの新ミッション『ビジネスにとどける、テクノロジーと鼻歌を。』

分社化・ホールディングス化にともない、フィードフォースのミッションだった『「働く」を豊かにする。』はフィードフォースグループのミッションとなりました。

そこで、株式会社フィードフォースとしての新しいミッションが生まれました。新ミッションは、『ビジネスにとどける、テクノロジーと鼻歌を。』です。

新しいミッションにどんな想いを込めたのかを、2021年9月に取締役就任した谷垣さんに聞いた記事はコチラです。

ビジネスというのはどこまでいってもヒト対ヒトで、BtoBであっても仕事の先にいるのはひとりのお客さまであり人間です。自分の仕事はそのひとりのお客さまが鼻歌を口ずさむほど楽しく仕事する姿につながっているか?と自問するきっかけにしてくれるといいですね。

『ビジネスにとどける、テクノロジーと鼻歌を。』に込めた想い より
新ミッションのキービジュアル

シッピーノさんグループジョイン

また、2021年10月にEC事業者向けの自動出荷サービス「シッピーノ」を提供しているシッピーノ株式会社がグループジョインしました。
シッピーノさんのビジョンは、“『働く』を彩り、人生を豊かにする”。フィードフォースとの親和性を感じられますね。

さらにその後、2022年4月にシッピーノ株式会社のサービスだったEC担当者向け業務効率化ツール「TēPs」を分社化し、テープス株式会社が設立されています。
詳しく知りたい方は下記の note をどうぞ。

フラクタさんグループジョイン

さらにさらに、2021年12月にはブランド支援を強みとする株式会社フラクタがグループジョインしました。

フラクタさんグループジョインについては、ぜひフラクタ代表河野さんの note をお読みください。グループジョインに至る背景や想いについて熱くつづられています。

Feedmatic チームがアナグラムへ合流・転籍

大きなニュースが多くてびっくりしているかもしれません。まだもう少しつづきますので、このあたりで一息、お茶でも飲んでからつづきをどうぞ。

2022年6月に、広告運用事業の「Feedmatic」がアナグラム株式会社へ承継され、Feedmatic チームのメンバーはアナグラムへ合流・転籍しました。
Feedmatic がアナグラムへ合流することで、お互いの強み・ノウハウを共有してグループとして広告運用事業をさらに飛躍させることが狙いです。

グループ会社間で異動・転籍ができる「Career Hub」が始まりました

以上のように、フィードフォースグループに多くの会社がジョイン・設立されています。そのことを受け、新しい人事制度「Career Hub」が始まりました。

Career Hub とは、ひとことで言えばグループ会社間で異動・転籍ができる制度です。これまでもあった社内公募制度のグループ会社版とイメージしていただければと思います。
詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

育児・介護休業法改正に対応しました

最後に育児関連の話題です。
2022年4月に施行された育児・介護休業法に対応しました。具体的な変更点は下記のとおりです。

【育児・介護休業法改正 主な対応内容】
・これまで育休の分割取得はできなかったが、今後は2回まで分割取得可能に
・育休取得条件にあった「勤務1年以上」を削除。入社直後でも取得可能に
・育休取得の申出期限が「取得1か月前」から「取得2週間前」に変更

上記は、これまでも希望に応じて柔軟に運用してきたものですが、法改正にともなって規則として明文化されました。

また、ドキュメント共有ツールの esa に「育児休業」というタイトルの記事ができています。上記規則変更点のほか、下記のメッセージも記載されているのでご確認ください。

・フィードフォースでは、育児休業の申出・取得したことを理由に不利益な取り扱いをすることはありません。また、妊娠・出産・育休に関するハラスメント行為は行いません
・出産・育児という人生において重要なライフイベントのときにフィードフォースで働いてくれているのはとてもうれしく、祝福の気持ちでいっぱいです。できる限りの支援を行いますので、安心して取得してください

フィードフォースのesa「育児休業」より抜粋

以上、育休中のみんなへ向けた、この1年間のフィードフォースの変化でした。社員一同、復帰を楽しみに待ってますので、復帰まで健やかに過ごしていただければと思います。またお会いしましょう~。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
執筆者が泣いて喜びます!
フィードフォースのnote
「働く」を豊かにする会社フィードフォースグループの公式note。 フィードフォースグループの事業・人・社風・制度などをバラエティ豊かに発信します。