心から良いと思えるものを売りたいあなたへ
見出し画像

心から良いと思えるものを売りたいあなたへ

フィードフォースのnote

はじめまして。dfplus.io という企業向けデータフィード管理サービスのマネジャーをしている松下と申します。
今日は、ひとりのビジネスパーソンとして伝えたいことがあり筆をとりました。「心から良いと思えるものを売りたい」という言葉に「オッ」と思った方は、ぜひ最後までお読みいただけるとうれしいです。

筆者経歴

当たり前のようで意外と難しい、「心から良いと思える提案」をすること

突然ですが、みなさんはセールスとして働くうえで大事にしていることはありますか?
わたしは、「自分自身が心から良いと思える提案をすること」がなにより大事だと考えています。

何を当たり前のことを、と思うかもしれませんが、心から良いと思える提案をするのはそれほど簡単なことではないはずです。

例えば、お客さまのやりたいことを考慮すると自社よりも競合サービスを選んだほうがいいとあなた自身が感じているとき、それを正直に伝えられますか?

すぐに「Yes」と答えられる方はとてもすばらしいと思います。ですが、なかには自信をもって「Yes」と答えられず、胸にチクリときた方もいるかもしれません。
「お客さまに対してウソをつく」のような分かりやすい不誠実さでなくても、「競合サービスの優れている点を(聞かれなかったので)伝えなかった」といった経験は、心当たりがある方も多いのではないでしょうか。

わたしは、dfplus.io というサービスのマネジャーとして、またひとりのビジネスパーソンとして、「セールスが心から良いと思える提案をすること」にこだわっているつもりです。この記事ではそのこだわりと実際にチームで取り組んでいることを紹介します。

「あと1件で目標達成」はお客さまには関係ない。あえて受注を遅らせることも

以前、セールスのメンバーから、受注直前の商談について下記のような相談を受けたことがあります。

【ある日のセールスからの相談】
「お客さまは導入に乗り気ですが、運用を開始するために必要なデータがそろっておらず、いま導入するのはリスクに感じます。受注後に満足して利用いただくためにも、受注タイミングを遅らせてでもリスクを説明し、納得してもらってからのほうがいいと思うのですが……」

こういう相談を受けたときは、「どうすることがほんとうにお客さまのためになるのか」を見極め、判断するようにしています。このケースでは、受注のタイミングを遅らせてでもリスクを説明し、それらを解消してから導入いただきました。

「あと1件で今月の売上目標が達成する」みたいなときには、どうしても早くクロージングしたいと考えてしまうものですが、そんな事情はお客さまにとってまったく関係ないので、常にお客さまのためになるのはどっちか?を基準に決めています。

ただ補足をすると、売上目標を達成することはとても重要で、ないがしろにしていいものでは決してありません。そもそも上記のような状況にならないために、前もって計画を立てられるよう、メンバーに伝えています。

無理な提案はせず、ときには他社サービスを勧めることも

わたしは自社のサービスに誇りをもっていますし、導入いただければお客さまに価値を提供できると自負しています。しかし、だからといって自社サービスがどんなお客さまのどんな課題でも解決できるものではありません。

お客さまの状況ややりたいことによっては、自社サービスでは役に立てないことも当然あります。そういったときには正直にそのことをお伝えして、ときには他社サービスの利用を勧めることもあります。

そういった状況で無理して自社サービスを提案してもお客さまのためになりませんし、何より提案する自分自身が楽しくありません。お客さまのためにも、自分自身のためにも、自分の心に正直に提案するのが大事だと考えています。

お客さまのためになる情報は、隠さずフラットに発信する

また、最近の取り組みとして、お客さまにとって役立つ情報をすべてブログ記事にして公開するようにしています。

以前はここまで情報を公開していませんでした。メールアドレスを入力するとダウンロードできるような、いわゆるホワイトペーパー型のマーケティング手法を行っていたのです。
しかし、よりお客さまのためになる方法はなにか?を考え、すべての情報をオープンに、誰でも閲覧できる方針に変更しました。

発信するブログ記事は、ポジショントークにならないようできるだけフラットに情報提供するよう気をつけています。
例えば、「データフィード管理サービスの選び方」という記事では、競合サービスを詳細に紹介し、自社サービスの紹介はほぼしていません。自社を紹介をしたい気持ちをぐっとこらえて、お客さまの知りたい情報を真摯に提供することが、お客さまにとっても自社にとってもプラスになると信じているからです。

もっともっと良いサービスにするために、力を貸してくれませんか?

以上、わたしのこだわりと取り組みをお伝えしました。当たり前の内容だったかもしれませんが、わたしにとってはとても大事なことです。

また、セールスが心から良いと思える提案をするには、もっともっと良いサービスにする必要があります。そのために、わたし自身サービスマネージャとしてこれからも精進していきます。

そして現在、dfplus.io をより良いサービスにするために力を貸してくださる方をセールスポジションで募集しています。
わたしの考えに共感してくださる方、もっと話を聞いてみたいと思える方は、ぜひご応募ください。「心から良いと思える提案ができる」ことは保証します。

どんなサービスでどんな価値を提供しているかは面談で詳しくお伝えします

ご質問などありましたら、わたしのTwitterにDMいただければお答えします!最後までお読みいただきありがとうございました!

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
執筆者が泣いて喜びます!
フィードフォースのnote
「働く」を豊かにする会社フィードフォースグループの公式note。 フィードフォースグループの事業・人・社風・制度などをバラエティ豊かに発信します。