見出し画像

リモートワークでもさみしくない!Discordでバーチャルオフィスをつくりました

リモートワークでも雑談する機会をつくるために、Discord でバーチャルオフィスをつくったのでご紹介します!

リモートワークでは雑談が生まれにくい

こんにちは!人事のなべはるです。
2020年3月下旬から「原則リモート勤務」を始めて約1か月が経ち、社員全員がリモートワークという状況にようやく慣れてきました。

フィードフォースでは元々、Slack のチャット文化と esa による情報共有文化が根付いていたこともあり、大きな戸惑いもなくリモートワークに移行できたと思います。

ただ、リモートワークに慣れてきたからこそ聞こえてきた声が「雑談しなくなった」「チーム外の社員とまったく話さなくなった」というもの。

Slack や Zoom などを使って仕事で必要なコミュニケーションをとっているものの、それは明確な用件があって意図的に行うコミュニケーションです。そうではなく、オフィスですれ違ったときにあいさつするとか、たまたま休憩スペースにいる人に声をかけてちょっと話すなどの、偶発的な雑談をする機会がなくなってしまいました。

そんな課題を解決するために、Discord を使ってバーチャルオフィスをつくってみたのでご紹介します。

Discord ってなに?

Discord とは、ブラウザやアプリでボイスチャット・テキストチャットができるコミュニケーションツールです。

特にボイスチャットの性能が高く、複数人が同時に話しても快適に使えます。これまでは、オンラインゲームをしながら Discord でボイスチャットをする、という使われ方が一般的だったようです。(わたしも社員とスプラトゥーンで遊ぶときに使っていました)

この Discord を使って、バーチャルオフィスをつくってみました!

Discord でバーチャルオフィスをつくってみよう!

実際につくってみた Discord のバーチャルオフィスが下記です。

大きく「雑談系」と「仕事系」に分かれており、それぞれにいくつかの部屋(チャンネル)を設定しています。

スクリーンショット 2020-04-27 15.01.37

<フィードフォースのバーチャルオフィス>

バーチャルオフィスで「人の気配」を感じることができる

利用する場合は Discord に常時接続して、上記の部屋のいずれかに入ります。マイク・スピーカーの ON/OFF は各自のお好みで。

仕事中は執務スペースに入室し、ちょっと疲れたらカフェスペースで休憩、集中したいときは「精神と時の部屋」へ…といった具合です。

こうすることで、同じ部屋にいる社員と気軽に会話することができます。「おはようございます」「おつかれさまです」「今日は天気悪いですね」などなど、オフィスにいたときに当たり前にしていたちょっとしたあいさつや雑談が生まれやすくなります。

また、これは実際にバーチャルオフィスを始めてから気づいたことなのですが、雑談をせずにただ部屋にいるだけで孤独感が減じられます。

会話をかわさずに同じ部屋に入っているだけで、「同じ空間で仕事をしている感」を得ることができますし、「AさんとBさんはいま会議室で話している」というこれもリアルオフィスではふつうに知りえた情報が目に入ってきます。

こういった、「人の気配」を感じられることがバーチャルオフィスをつくるいちばんのメリットかもしれません。

部屋分けは部署ではなくあえて場所ごとに

上述の「仕事系」の部屋分けはあえて部署ごとではなく「執務スペース(手前)」のように物理的な場所ごとに分けています。

部署ごとにしたほうが特定の話題を話しやすいという意見もあると思いますが、Discord の導入目的は偶発的な雑談を生み出すことです。

例えばリアルオフィスでは、人事部のAさんとBさんが話している会話がとなりのシマの別チームのCさんにも聞こえてきてCさんも会話に加わる、ということがあったと思います。そういった偶発的な雑談を生みだすために、部署ごとではなく場所ごとの部屋分けなのです。

また、仕事で必要な意図的なコミュニケーションは Discord ではなく Slack などで行ったほうがスムーズです。Discord 利用は任意であり、全社員が利用しているわけではありませんので。

Slack や Zoom は意図的なコミュニケーション、Discord は偶発的なコミュニケーションと役割を明確に分けています。

【ツール別コミュニケーションの目的】
Slack・・・意図的なコミュニケーション(テキスト)
Zoom・・・意図的なコミュニケーション(ビデオ通話)
Discord・・・偶発的なコミュニケーション(音声)

ただし、部屋の分け方については試行錯誤している最中です。
「プロジェクトチームごとの部屋のほうが話しかけやすい」
「場所で示されると最近入社した人が分かりづらい」
という声もあがっており今後カイゼンするかもしれません。

※2020年5月13日追記
場所ごとではなくチームごとの部屋分けに変更しました。場所分けとチーム分け、どちらのほうが使いやすいかは今後検証していきます。

最後に:仕事に雑談は必要?

正直なところ、仕事で成果を出すために雑談は必要か?と聞かれても明確な答えは出せません。必要な気もするし必要じゃない気もします。個人差によるところも大きいでしょう。

ただ、「雑談の場が欲しい」「リモートワークで孤独感を感じている」という社員がいることは事実で、そういった人に雑談の場を提供するためにバーチャルオフィスをつくっています。

バーチャルオフィスがあることで少しでもプラスに感じる人がいてくれるなら、作って良かったなと思います。
(早速、弊社社員のねこにしさんが Discord を利用した感想を note に書いてくれました!感謝!!)

以上、フィードフォースが取り組んでみたバーチャルオフィスでした。お読みいただきありがとうございます!
バーチャルオフィス以外に行ったリモートワークにおける対応策は下記にまとまってますのでよかったらそちらもどうぞ!


この記事が参加している募集

リモートオフィス

歓喜の舞!
25
「働く」を豊かにする。 を配信するフィードフォースの公式メディア。 B2B領域でイノベーションを起こし続ける企業の今をお届けします。 当社のアレコレがわかる記事を編集部がセレクトしてご紹介します!

この記事が入っているマガジン

フィードフォースな日々
フィードフォースな日々
  • 61本

フィードフォースってどんな会社なの?中の人から見える日々の様子をお伝えするマガジン。組織や評価制度などのカタい話題から、非公式の部活やイベントなどユルいものまで幅広くお届けします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。