見出し画像

「働く」を豊かにする、フィードフォースのポテンシャル採用セミナーが始まります!

こんにちは。フィードフォース人事部でポテンシャル採用を担当しています今岡です。
今回は、12月から始まるフィードフォースのポテンシャル採用セミナーにてお伝えする内容の一部を、一足早く公開したいと思います!
セミナーにはこれから就活をはじめる21年度卒業予定の学生の方や、20代の既卒・第二新卒の方もご参加いただけますので、ご興味をお持ちいただけたらぜひ気軽に足を運んでみてください!
申込フォームからご応募を受け付けています。

ミッションは“「働く」を豊かにする。”フィードフォースの目指す「働く」とは?

突然ですが、みなさんは就活や転職で会社のミッションについて聞いたことはありますか?
ミッションは、その会社の使命、存在意義を表すものであり、ビジネスの方向性、社員の考え方の基本となるものです。
企業選びの際には、仕事内容や働き方、待遇だけでなく、ミッションについても知っておくと、自分にとって充実して働けるかどうかを判断しやすくなると思います。
フィードフォースでは“「働く」を豊かにする。”というミッションを掲げています。これは、簡単にお伝えすると「人間が行うべき創造的な仕事に集中して働けるようにする」ということです。具体的には、「働く」においてテクノロジーを活用することで、機械が得意とする仕事は機械に任せ、工夫を凝らして試行錯誤するような人間にしかできない仕事に集中できる働き方の実現をミッションとしています。

後でもお伝えしますが、このミッションがフィードフォースのビジネス・働き方・コミュニケーション・制度などすべての土台となっているのです。

詳しくは当社代表の塚田がこちらの記事で書かせていただいているので、ぜひご覧ください!

ミッション実現のため、私たち社員も「豊か」に働く

会社の使命であり存在意義であるミッションは、サービス・プロダクトを提供するお客さまや社会に対してだけではなく、社内で働く社員に対しても実現していくべきことだと考えています。そのため、フィードフォースでは、社員である私たち自身も「豊か」に働くことがミッションの実現には欠かせません。
「豊かに働く」というのは、人によってそれぞれの感じ方があると思いますが、あなたがイキイキと働き、自分らしく活躍できることだとイメージしてください。
当社の場合は、前述の「人間が行うべき創造的な仕事に集中する」ことはもちろん、「チームプレーで成果を出す」「在籍年数や職種に関係なくフラットに情報共有をする」などの文化が、「豊か」に働くために大切だと考えています。詳しくは、現場で働く社員からセミナーにて直接お話ししたいと思いますが、下記の記事でもフィードフォースでの働き方をのぞいていただけますので、よろしければご覧ください。

▼準MVP受賞者インタビュー!「任されている感」が「自由に挑戦すること」につながる

▼情報発信を後押しするコツは楽しさだった!

一人ひとりが豊かに働いてほしいから、ミスマッチのない採用を。

「働く」を豊かにする”ため、フィードフォースでは会社の仲間集めである採用にもこだわりがあります。
それは、選考を受ける方と当社が「マッチするポイント」をとにかく丁寧に探していく選考スタイルであること。セミナーや面談では会社の方向性、価値観についてお伝えし、まずは「自分とマッチしている」と思えるポイントを探していただきます。
マッチするポイントが見つかれば、次は面接にてあなたの過去の経験や将来の方向性から価値観を深掘りし、あなたにとって「豊か」に働ける環境であるかどうかを丁寧に確認します。
複数回の面接の間には面談の機会を設け、専属の先輩社員があなたの大切にしている価値観や、力を発揮しやすい環境を一緒に考える時間もあるので、ぜひ本音で何でも話していただけると嬉しいです!

ここまで、“「働く」を豊かにする。”というミッションについて、サービス・プロダクトを提供するお客さまや企業様の「働く」を豊かにするだけではなく、社内で働く私たち自身も豊かに働くことを体現するとお伝えしてきました。

セミナーでは、社外・社内それぞれに対しての“「働く」を豊かにする”について、代表や実際に働く現場社員からお話しいたします。ぜひ、あなたにとってマッチするポイントを見つけていただけたら幸いです。
セミナー・選考にてお会いできることを楽しみにしています!

3名

▼セミナーのお申込は下記フォームから


スキ❤️
10
「働く」を豊かにする。 を配信するフィードフォースの公式メディア。 B2B領域でイノベーションを起こし続ける企業の今をお届けします。 当社のアレコレがわかる記事を編集部がセレクトしてご紹介します!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。