見出し画像

リモート商談推奨のお知らせ

オンラインでのリモート商談を推奨します

2020年3月25日の東京都知事の「不要不急の外出自粛要請」を受け、フィードフォースでは「リモートワーク推奨」から「原則リモートワーク」へ切り替えさせていただくことになりました。

週末の外出自粛に加えて、平日はできるだけ自宅で仕事をする、夜の外出は控えるーーといった対応も求められています。

それに伴い、商談等に来ていただく際は、Web会議ツールを利用してオンラインでの商談を推奨することにしました。

体調管理に関して様々なニュースが入ってくるなか、弊社側社員はもちろん商談先企業担当者様の健康にも配慮するため、オンラインでのリモート商談を推奨することにしました。

利用するWeb会議ツールは、Zoomや Whereby などを想定していますが、ツールについては状況に応じて柔軟に対応します。

弊社はZoomやWherebyを利用することが多いのですが、「このツールもおすすめだよ」というのがあれば教えていただけると嬉しいです。

今回はオンライン商談を考えるきっかけにはなりましたが、この時期というのは関係なく、お互い効率的であればオンライン商談も良いと思っています。
お気軽にオンライン商談をご提案ください。

日常のコミュニケーションもオンラインに残す

余談ですが、日常のコミュニケーションもオンラインに残す働き方が求められていると感じています。

人事チームの場合は、取引先とのやり取りのポリシーを下記のとおり決めています。 ※2020年3月現在

① 急ぎの用件をのぞき、電話でのコミュニケーションはしない
② コミュニケーションはメール、もしくはチャットで行う。その際、関係者も必ず宛先に入れる

電話でコミュニケーションしてしまうと、その内容を関係者へ共有するという2度手間が発生していまいますし、そもそも席を外すことも多いのでメールやチャットの方が確実で安心です。

リモートワークという働き方も当たり前になりつつあるので、従来の電話&直接訪問以外のコミュニケーション手段を状況に合わせて最適に活用していくことが求められますね。
どのコミュニケーション手段が最適かは状況によって異なると思いますので、そのときそのときで柔軟に考え、効率の良い働き方を目指せればと思います。

執筆者が泣いて喜びます!
13
「働く」を豊かにする。 を配信するフィードフォースの公式メディア。 B2B領域でイノベーションを起こし続ける企業の今をお届けします。 当社のアレコレがわかる記事を編集部がセレクトしてご紹介します!
コメント (2)
私の周りはmeet使ってるけど、zoomとの違い分からない😅 通話だけならwhat's up が途切れにくいと評判です。
@satoko_yoginiさん
what's upは確かに途切れないですよね!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。