見出し画像

データフィードマーケティングのためのSaaS、 dfplus.io を紹介します

初めまして、フィードフォース 千葉です。 dfplus.io のマーケティングを担当しています。今は週4日勤務をしていて、週4日勤務本当におすすめなのですが、その話はまたおいおいできればと思います。

あ、データフィード管理ツールをご検討の方は、こちらからサービス資料をダウンロードください

この記事では、主にそれ以外の方向けに、 dfplus.io を紹介します。

1. dfplus.io は、データフィードマーケティングのためのSaaSです

インターネットで、こんな広告を見た覚えはないでしょうか。

一度見た商品が追いかけてきたり

スクリーンショット 2019-12-25 10.33.01

もしくは、Google検索結果に商品一覧が出てきたり

スクリーンショット 2019-12-25 10.33.42

これらはダイナミック広告というもので、お店が持っている商品データ(オンラインストアの商品だけではなく、求人票データや、不動産物件データなども含む)と、閲覧したページや検索したキーワードなどを元に、機械学習で自動的に内容を生成する仕組みになっています。さいきん非常に伸びていて、ダイナミック広告にWeb広告予算の半分以上を割く企業も増えてきました(*1)。

こうした広告を出すために必要な、商品データを管理・送信する「データフィード」という仕組みを、フィードフォースは事業の柱にしています。データフィードは広告以外にも活用の幅が増えていて、それらをまとめて「データフィードマーケティング」と呼んでいます。

▼データフィードマーケティングについて、詳しくはこちら

dfplus.io は、データフィードマーケティングのためのツールです。お使いいただく方としては、企業のマーケティング担当者、広告運用担当者、広告代理店の方を想定しています。いわゆるSaaS、サブスクリプションと言われるビジネスモデルです。

▼ dfplus.io のイメージ図

スクリーンショット 2019-12-25 10.42.08

2. dfplus.io は、利用継続率97%・改善100回超。なかなか良いプロダクトです

2020年現在そんなに数は多くないですが、データフィード管理ツールには dfplus.io 以外の他社製品もあります。その中で、「ここは負けないんじゃないか」と思える数字がふたつあります。

ひとつは、利用継続率 97.3%です(*2)。
利用継続率はSaaSビジネスにとって生命線という話もありますが、それはそれとして、「お金を払ってでも使い続けたい」と思っていただけていることがとても嬉しい。

ユーザーの方にお伺いすると、 dfplus.io は主に以下の点で評価いただいているようです。

● 画面のわかりやすさや挙動の早さなど、ストレスが少ない
● ルールが柔軟に設定でき、実現できることの自由度が高い
● サポート品質が高く、「広告成果を出すためには」といった相談もできる

dfplus.io のユーザーが転職された後、新しい職場に dfplus.io を導入いただくケースもあり、ありがたい限りです。

ユーザーからの評価について、さらに詳しくは導入事例をご覧ください!

もうひとつは、年間100回超の機能リリースです。

2019年は大小含めて111回のリリースを行いました(*3)。営業日の3日に1回以上リリースしていることになります。今年はこれまでのデータフィード管理を一歩超えるような、チャレンジングな機能リリースも複数ありました。
具体的には以下などです。

Google検索ボリュームや商品データを加味して、広告タイトルを自動的に改善する機能。試験提供では広告表示回数が144%に改善されました。

データフィード活用企業の裾野の広がりに応えた、初心者でもデータフィード最適化をより行いやすくする機能です。

自分の担当するプロダクトを褒めるのは気恥ずかしいものですが、ほんとに良いプロダクトです。そして、マーケティングやセールスといったビジネスサイドの人にとって、プロダクトが良いことはすごく重要です。自分が良いと思うものを「これ、良いですよ」と薦めれば仕事になるわけですから、なんかとても健全な気持ちでいられるのです。

3. 良い商品が(誰かが疲弊しなくても)売れていく世界にしたいです

それで結局 dfplus.io は何をどうしたいのか?ということですが、私がよく考えているのは、「良い商品(・求人・物件)」と、「それを良いと思う人」とがつながりやすい世界にしたい、ということです。

データフィードマーケティングのプレイヤーが増え、市場が成熟していくと、商品がブランド単位・サイト単位ではなく、商品単位で最適な人に届きやすくなります。

それはつまり、ブランド力が強い方、広告宣伝費をより持っている方、うまいキャッチコピーを作った方、いつもそういう方ばかりが勝つのではなく、「良い商品があれば、その商品自体の魅力によって、それを良いと思う人に届き、売れていく」というルートがある世界ではないかと思うのです。

そこでは、誰かが夜遅くまで入札調整をしたり、大量の入稿作業に業務時間を削り取られたり、画像を何度もダメ出しされたりするかわりに、既にある商品データと機械学習が仕事をします。マーケティング担当者は、より本質的な仕事に時間や集中力を使ったり、家族との時間や趣味の時間を大切にします。

広告や各種マーケティング施策を「閲覧する側」「受ける側」にとっては、瞬間的にクリックしたくなる(けれど、結局はいらないものだった)広告ではなく、自分が良いなと思える具体的な商品やサービスが表示されるようになります。

dfplus.io がデータフィードマーケティングを牽引するツールとして、そんな世界を実現する一翼を担えれば、と思いながら、日々仕事をしている次第です。

画像5

上場の際の記念写真。前列が dfplus.io チームです。

画像5

いいチームなので、2019年忘年会で「チーム賞」を受賞しました。

▼ dfplus.io サービスサイト

(*1) 自社調べ
(*2) 2018年11月~2019年8月における、dfplus.io 月間継続率
(*3) 2019年1月1日~12月31日のリリース回数
スキありがとうございます!
24
「働く」を豊かにする。 を配信するフィードフォースの公式メディア。 B2B領域でイノベーションを起こし続ける企業の今をお届けします。 当社のアレコレがわかる記事を編集部がセレクトしてご紹介します!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。