フィードフォースみんなのnote

66
固定された記事
個人の情報発信を応援したい!フィードフォースみんなのnoteのご紹介

個人の情報発信を応援したい!フィードフォースみんなのnoteのご紹介

フィードフォースのnoteで運営しているマガジン「フィードフォースみんなのnote」をご紹介します! 社員個人の note 記事を集めたマガジンをつくりました フィードフォースみんなのnoteとは、フィードフォースの公式noteアカウントではなく、社員個人のアカウントで書かれた記事を集めたマガジンです。 このマガジンに入っているほとんどすべての記事は、会社の指示ではなく社員個人が自発的に書いているものです。本人が望まない限りは、会社が校正を入れたりもしていません。 その

スキ
11
リモートワークについて考えたこと

リモートワークについて考えたこと

今年は、文字通り激動の一年だった。 特に企業の経営者にとっては、今まで経験したことがない種類の意思決定を迫られることの多い年だったのではないだろうか。 その中で最たるものが「コロナ禍での働き方にまつわる方針の決定」だろう。企業によって大きく対応が分かれたし、僕もこの1年を通じ、方針についてかなり時間を使って考えた。 この『「リモートワーク」をどう取り扱うか問題』は、今後その企業がどういう姿を目指していくのかの大きな分かれ目になると思っている。で、今年がその分かれ目の入口なので

スキ
38
「フルリモート」なのに内定者インターンが苦じゃない話

「フルリモート」なのに内定者インターンが苦じゃない話

 この記事はフィードフォースのアドベントカレンダー2020 16日目の記事です。  昨日は、社内で振り返りといえばこの人!と知られているえーちゃんさん(冨田さん)が、新しく始めたアジャイル推進室とその取り組みからの学びを書いてくださいました!  えーちゃんさんは新卒の研修でも「ふりかえり」の講義を行っているようで、以前パワポを拝見したのですがそれだけでも学びになったので、実際受けるのが楽しみです〜!  さて、私は7月後半から東京のITベンチャー企業のフィードフォースで内定

スキ
47
社員インタビュー記事はつまらなくなりがち問題に向き合ってみた話

社員インタビュー記事はつまらなくなりがち問題に向き合ってみた話

こんにちは、人事のなべはるです。キャスターのみほさんから 採用界隈 Advent Calendar のお誘いを受けて書くことになりました! これからきっと、皆さんがステキな記事を出してくれると思うのでお楽しみに! そんな 採用界隈 Advent Calendar 初日は、採用広報でよく見る社員インタビュー記事をテーマにしてみました。 ワンパターンになりがちな社員インタビュー記事 採用界隈のみなさん、採用広報の一環として社員インタビュー記事を書くことがあると思います。自社

スキ
169
新しく社内で始めた仕事で、今までの経験が線で繋がった話

新しく社内で始めた仕事で、今までの経験が線で繋がった話

この記事は Feedforce アドベントカレンダーの15日目です。 昨日は隣のチームの tmd45 さんの「2020年 買ってよかったもの」です↓  会社でも同僚におすすめしまくって 2, 3 人に買ってもらいました(笑) マイクのところの1人、私ですw リモートワークに良いマイクですので、オススメです!w エモい話をしてくれるかもというフリをいただきましたが、今年始めたアジャイル推進室について書いてみます。 社内で仕事の守備範囲が広がった 大学院を卒業して、新卒

スキ
21
社会人5年目でふりかえる、「あの時言われてよかった」上司からのアドバイス4選

社会人5年目でふりかえる、「あの時言われてよかった」上司からのアドバイス4選

「あの時あんなこと言われたな…」と何年経ってからも思い出す、印象的な言葉ってありますよね。たった一言をきっかけに大事なことに気づかされたり、深く考えさせられたり…。成長のきっかけになった上司や先輩の言葉をふりかえります。 若手社会人の方になんらかの気づきやヒントとして届いたらうれしいです。 ※この記事は Feedforce Advent Calendar 2020 の 5 日目の記事です。前回はデータ分析チームのやおにゃんこと八百俊哉さんの「新卒機械学習エンジニアがAI

スキ
65
「企業文化」が重なり合うとき

「企業文化」が重なり合うとき

12月になりました。あと1ヶ月ほどで、あらゆる人に変化を強いた2020年というたいへんな年が終わります。まだ少し気が早いかもしれませんが、忙しい師走は油断するとあっという間に過ぎてしまいますので、自分にとって今年を象徴するような事案をタネに、2020年という印象的な年をかんたんに振り返ってみたいと思います。 M&Aからのスタート コロナが社会問題として前景化する前の2020年1月、私が所属している株式会社フィードフォースとアナグラム株式会社がM&Aによりグループ化しました

スキ
31